世界をどうとらえるか

0

    私が絵を描き始めたのは 世界をちょっとHappyにできたらいいなと思ったから

    大学で国際問題を勉強していた時 いろいろな理不尽な状況をしり嘆いた

    絵を描き始めたころ 「平和」を訴えるようなストーリーをよく描いていた

    「わかりすぎていてつまらない」といわれたこともあった

    私はそのとき 人間は何が大切なのか一人ひとりはちゃんと知っているんだって思った

    私は それから 一人ひとりの心が世界を作っていることに気づいた

    そして まず 自分をみつめはじめた

    私の中に弱さや あいまいさや 恐れがあることに気づき

    これも 世界なのだと感じた

    だから まず 自分がHappyで 少しでもPeaceで強くなりたいと思った

    私の絵は どんどんゆる〜くなっていき 

    自分やまわりをゆるせるようになってきた

    みんなが 発展途上

    最近 テレビをみていると 力が入りすぎているように感じることがある

    そんなに難しいことが起きているのだろうか

    もちろん 大変なことが起きている

    私は ずっと世界を思いながら絵を描いてきた

    もちろん まだ何も役に立っていない

    でも 出会った人たち 絵を見てくれた人たちの心の中に

    少し 笑顔が浮かんだら それが まず 平和のはじまりだとおもっている

    大きなことはできないけど

    小さなことなら続けられる

    世界中で 子供たちが笑顔になれる日がくること

    それを イメージしながら これからも絵を毎日描いていきます
     

    やっぱり 愛が必要なんだ!

    0


      最近思うのが やっぱり「愛」がベースということかな

      慈愛 博愛 人間愛 家族愛 友情 いろいろあるのは

      愛から生まれた絆があれば 人間は強くなれるからだと思う

      愛がない関係は どこか不安定

      私が今一番好きな愛情表現は 「理性的な愛」

      今まで 情熱的に 愛を振りまわしすぎた気がしたせいか

      静かに 長く続く愛情をイメージし始めました

      理性的な愛は 神の愛そのものだと 以前作家の友人からきき 感心し

      自分の軸がしっかりできていないと 理性的に強い愛は持てないと感じました

      今は けっこう いい感じで 三国志のおかげか 自分を律しながら愛を持ち続けることができるようになりました

      誤解も生じるかもしれないけど 静かに貫く愛は 信仰ににていて

      自分を強めながら 優しくしてくれます

      愛がベースにあること

      すべては これだと思います 

      ひとりひとりが生きる場を得る

      0


        なんと 今日は 早起きをして 洗濯 ゴミ出し 朝食をつくり ゴルフラウンドへ

        6時に主婦が家を出ると言うのは そんなに簡単なものではないと知っている

        お金もかかる でも 私にとって ゴルフは「趣味」ではなく「仕事」だと思っている(笑)

        だから ある目的をもってやっている

        それが わかるように 行動も起こしている

        イラストレーターでゴルフやヨガをなぜやるのか?

        これは あとで 必ず繋がる

        このようなこじつけているような人生も 「自分を生きる場所」を確保するために役に立っている

        家族は 私の生きる場所を認めてくれているようで 

        「しょうがないな〜」と言うような顔で 見守ってくれている (と信じている)

        勝手に感謝をしている私に 家族は何も言えない様子 (先手必勝)

        人生は 自分の生きる場所を確保することが自由にできる

        それは 自分の意志にかかっている

        そして やっぱり まわりや見えないものへの感謝を忘れてはいけない


        ゴルフからかえってくると 受験生の息子が一人で留守番をしていたので買い物に一緒に行き

        いまごろ 扇風機がほしいというので Sale品の良質なものを買う

        一緒に軽い遅めのランチをとりながら いろいろな話をする

        息子の人生の居場所づくりの相談相手になってあげた

        すると すこしずつ 息子にイメージが湧いてきたように思えた

        話をすることで 人は整理できるようになるものだ

        人は 自分の居場所があれば 生きていける

        どんなに小さくても 自分の生きる場所があれば 幸せになれる

        そんなことを 最近思っています 

        皆でお祝いするということ

        0


          今日は 茅ヶ崎の友人宅に娘とうかがった

          彼女はなんと 着物を100着以上お持ちで 振り袖もたくさんコレクションされていた

          お子さんは 息子さんお一人なので 以前から 成人式の着物を貸してくださるといってくださっていたので 娘の夏休みを利用して うかがった

          和室にたくさんの着物を出してくれ 1着1着娘に着せてくれる友人に 感動した

          娘も 身内以外の人から これほど 成人の日を祝ってくれる気持ちを感じうれしそうだった

          一人の子供が 無事に成人を迎える

          これは もしかしたら 家族だけの喜びではなく もっと大きな恵みととらえることができるのかもしれない

          私は 娘がこれから いろいろな人にお世話になるんだなと思い 感慨無量

          社会に出るというイメージが 友人の姿を通して感謝にかわりました 

          家族の役割は その子を 健全に社会の一員に巣立たせるまでのお手伝いなのかもしれません

          これからは お礼も 感謝も 子供本人から伝えていくようにさせていかなければとおもいました

          いろいろな着物の知識を伝授してくれた友人に感謝です

          心から うれしく思い 子供たちは みんなで育てているのだと思えた1日でした

          人生は とても 素晴らしいきずなでいっぱいなんですね

          世界に一つの「私の絵本」作り

          0


            自分の絵本作りのワークショップを いろいろな機会におこなってきました

            いろいろな人と一緒に絵本をつくるというのは

            自分を解放するような効果もあるようで みなさん 楽しんでくれていました

            東北で被災した人たちと行った時も 「楽しい」と言ってもらえるように

            人の奥深くに眠る「自分自身に触れる喜び」にアプローチしているように思っています


            さて 今回 私がずっとやってみたかった企画が実現しました

            今回の対象者は 港区に在住・在勤・在学の方のみになるのですが

            港区立男女平等参画センター主催で 参加費なんと500円で絵本作りができます

            9月15日(土) 13:30〜16:30

            親子の場合は3歳児から 小学生以上はお子様だけでOK
            年齢性別問わず 
            子育て中の方は 保育施設もあります

            自分のための絵本づくりを これほど 広範囲の対象者に行えることは
            ずっと 私の願っていたことでした

            つまり 生活環境が全く違う人たちが 素材を「選び」自分のテーマの絵本をつくる

            お年寄りはお年寄りならではの絵本

            男性は男性ならではの絵本

            子供たちは子供たちなりの絵本

            本当に楽しみなんです

            人数に限りがありますが これを 今の日本にひろめていきたいな〜〜〜と思っています

            今回の申し込みは リーブラ・ホームページで詳細をご確認の上 お申込みください

            http://www.minatolibra.jp

            テーマは「自分にありがとうを言おう」 にしたいと「今」考えました(笑)

            主催者の方々 これでよろしくお願いします

            Peace   

            人生にテーマをもつ

            0


              人生とは 一瞬一瞬生まれ変わっているものだと 空海が言っていたそうだ

              私も 自分の一瞬一瞬が 変化に富んでいることもあり

              子供の時と今も変わらぬ好奇心でいっぱいの日常

              だからこそなのだけど 「テーマ」をもつことにしている

              そうでなければ ぐちゃぐちゃになってしまいそうだから

              今年の個展で 日本の神々をテーマにしてから

              世界のWisdomに興味をもち 三国志や 論語  空海や禅  ヨガや もちろん聖書

              何かに取りつかれたかのように読み 最近では 世界史の紀元前のものを読みだしている始末

              ゴルフをしながら 昔の人ならきっともっと上手なんだろうな〜と思うことがあり

              生活の隅々にも意識を働かせていた時代をイメージし始めた

              なんか よく 男性たちに言われるのが 「牛嶋さんは男性的な趣味が多いね」ということ

              ここまでくると かなり 認めなければいけない気もしてきたけど 女性的なものも十分興味がある

              浅田次郎の女性版みたくなりたいな〜〜〜と ちょっとイメージしているところ

              人生にテーマをもたせたら それは誰にも口出しさせないくらいの力がある

              夏休みを満喫して 大阪の通天閣のジャンジャン通りの串カツを食べながら

              「おいし〜」「なんかたのし〜」と 主人のとなりで 生ビールにハイボールをのみ上機嫌になり

              酔っぱらっているわけじゃないけど 悟った気分になった

              そこで 自分の人生を楽しもうと心に決めたのです

              あまりに大阪が楽しくて 「日本ってまだまだ元気がいっぱいあるじゃない」とおおはしゃぎ

              お店のお兄さんにだいぶ相手をしてもらい 大阪のファンになって帰ってきました 

              なんか 人生は 自分のテーマを生きることに尽きるようです


              5日間自然に触れてきました

              0


                5日間 大自然の中でゴルフをしてきました

                兵庫県豊岡市にある3つのゴルフ場 大岡CC 神鍋高原CC 城崎CC

                京都府の 久美浜CC

                この4か所は 自然をそのまま生かしたゴルフ場で

                ゴルフ場の中にも田んぼがあったり 生き物がいたり 自然そのものの風景があり

                その中に5時間近くいることができるという 幸せを感じました

                その証拠に 4日間ゴルフをしたのに 全く疲れなかったこと

                逆に 横浜に帰ってきても エスカレーターを使わずに階段を昇っている自分がいておどろいたほどです

                自然にふれることで 自分をみつめ

                本もあっという間に読み終え

                自分が何を感じているかを きちんと知る時間になりました

                本当に 自然とかかわる時間をもつこと

                それも 無邪気になれる時間を持つことの大切さをかんじました

                これからも 人や自然とかかわることを楽しみたいと思います

                この地球に感謝です  

                すべて自分で選んだもの

                0


                  プラトンはおとぎ話風に こんなことを言っていたらしい

                  魂は 自分で 自分の望む運命の袋を選び
                  次の人生へと生まれてくるのだと

                  その選んだ運命の袋には 自分のテーマが書かれていたのかもしれない
                  でも その袋の中には そのテーマに必要なあらゆるものが一緒にはいっていて
                  一見 テーマとは関係ないように思われることも ちゃんと 意味をもっている

                  すべては そのテーマを完成させるために起きているにすぎなくて

                  そのために いろいろな人の人生の共有できる部分が重なっている

                  そう考えると どれも 「ありがとう」と思える

                  マスターズで ローリーマキロイが 最終日にあれほど崩れなければ
                  彼が これほど強く復活することはなかったように

                  負と思えるものが とっても人生に大切なことは よくわかる

                  自分の人生で起きた時 そんなゆったり構えていられないかもしれないけど

                  「ありがとう」と言ってみるといいかもしれない

                  すべては ありがたいものなのだから

                  私は今 ゆったりと そんなことを考えられる時間があることに感謝をしているところです

                  ありがとう 

                  3カ月で生まれ変われる

                  0

                    人生に メモリがあるとしたら

                    Hope  希望を持つ時期
                    Happy それを楽しめる時期
                    Harmony いろいろなものと関われる喜びを知る時期
                    Heart  自分の心に正直に生きることを許せる時期
                    Humor 人間的に幅がでてくることで 個性が輝きだす時期
                    Healing 自分を大切にすることで 良いものが生み出せると理解できる時期
                    Home 身をゆだねてじっくりと取り組めるようになる時期
                    Heaven いろいろなことが起きていても すべては 繋がっているので心配いらないとわかる時期


                    こんな メモリを考えました

                    私は この3カ月で メモリを意識したいくらい変わりました

                    たくさんの善き本を読み 三国志97話を毎日観て(まだ3話残っています)

                    ヨガとゴルフで身体から得られる知恵を学び

                    忍耐強く 自分と向き合い

                    自分の作品をすべて最初から見直し

                    無駄なものを1つずつ減らしてみることを続けてみました

                    食事ももちろん 自分の身体にききながら食べるようにして

                    完全にすっきりした感じです

                    デトックスとはよくいったもの

                    断食みたいに 摂取しないというのではなく

                    善きものを3カ月摂取し続けると言う デトックスもあるようです

                    なんでも3カ月 良いものに触れ続けてみると 必ずや変わるのだと思います

                    子供たちも きっと同じですね

                     

                    のびのび生きるために向き合うこと

                    0


                      ゴルフでも ヨガでも 絵でも 仕事でも なんでも共通していること

                      それは 力をぬいて のびのび柔軟に動き 集中し 無駄をなくすこと

                      今朝 実は ゴルフの練習に懲りずにいってきた

                      きのうは 変わった練習をして 腕がやわらかくヘッドがしっかりかえらないと当たらない練習

                      私の身体は いつも 頑張っていて ちょっと緊張しているようなのだ

                      ボールをまっすぐ飛ばすことに意識がいっていて 本当は それ以前にインパクトをしっかりさせることが大切なのに 一生懸命 良い球を打とうとしていた

                      人生は 緊張をほぐし 集中し 愛を感じるためのレッスンの場所なのかもしれない

                      今日 なんとなく 「人生は更生施設?」なんて思い 身をゆだねて自分を解放することにした

                      隠すことができない自分の癖に毎日向き合っていると

                      逃げも隠れもしなくなる

                      人生とは そのために 原因と結果が正直に表れる

                      また 三国志をみていても 「天意」が 人生を運んでいるのもわかるので

                      じたばたしたり 戦わないことが うまくいく秘訣なのかと思った

                      来週は 豊岡のコウノトリの住む場所の4か所のゴルフ場をまわってきます

                      自然と対話をする時間をつくり 作品にいかしていきたいとおもっています 


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      あなたが大切だから
                      あなたが大切だから (JUGEMレビュー »)
                      牛嶋浩美
                      あなたにゆる〜くなってほしくて描きました

                      links

                      profile

                      書いた記事数:474 最後に更新した日:2018/05/11

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM